シミなどが気になる人

精読率の高くなるページの作り方


本当にラッキーですね~!!
私のお笑い芸人時代の動画が見れるなんて・・・
って一番最初のメールに書いてあったヤツだし!!!(笑)

まぁそんな時代もあったということです。
今は真面目に頑張っていますよ~!!
・・って芸人時代が真面目じゃなかったみたいですが

そんなことはないですからね。
あっ本題に入ります(笑)
前回の復習を兼ねると、

【Twitter戦略1】フォロワーを増やす(とにかく増やす)
【Twitter戦略2】積極的につぶやく(露出を高める)
【Twitter戦略3】DMでも無料オファーを紹介する
【Twitter戦略4】ランディングページを作成してリストを取る
【Twitter戦略5】ランディングページの露出を高める

この5つの戦略で報酬を稼ぐことが出来る
という内容でした。

やはりパッと見てわかる通り、
1~3は誰にでも出来る作業だと思います。
この3つはツールでも手動でもどちらでもできますよね。

ただ問題は戦略4以上を実行する場合です。
この場合に必須になるのが、

―――――――――――
 ランディングページ
―――――――――――

という素材です。

そして、この作業を簡単にしてくれるのが、

【ランディングページビルダーPRO】
>> http://pqqwriters.info/y/1le9ep

というツールだとお伝えしました。

このツールは予め入力箇所が指定されていて、
なおかつオリジナル画像も設置することが出来ます。

そのためにHTML知識が無くても、
文字を打てれば誰でも作成を可能にしたのが、
このランディングページビルダーPROということです。

さらに初心者の方が必ず躓くのは
作成したデータをWeb上にアップする作業です。

ここで『サーバー』と『ドメイン』というキーワードが
出てくるんですね。ただ二つの説明をし始めると
誌面がいくらあっても足りません。

なので習うより慣れろで実際にやるのが早いです。
ちなみにそれについてはランディングページビルダーPROの
試用版のマニュアルにも書いてありましたよね。

ただランディングページビルダーPROのすごいところは、
サーバーへアップする作業もツールが自動で行なってくれるところです。

サーバー情報さえあればボタン一つで上げてくれます。

そういう意味でも初心者向けなので
かなりオススメしています。

さて、前フリが長くなってしまいました。

今日お話したかったのはランディングページの
登録率を上げる構成についてです。

―――――――――――――――――――――――
  登録率の高いランディングページ構成
―――――――――――――――――――――――

最近何かと目にする機会が多くなったランディング
ページですが、このページは一つの法則に従って
作成することをオススメします。

それは『AIDAの法則』と呼ばれる話の流れですね。

【AIDAの法則】
―――――――――――――――――――――――
Attention:注意
 キャッチコピーにあたります。
 注意を引く言葉、魅力的な言葉を意識して書く。

Interest:興味
 次に続きが気になるような内容を
 本文として用意する。

Desire:欲求
 さらに、読み手にとって利益となったり、得になったり
 問題の解決・不便の解消となる、理由を示す。

Action:行動
 最後に、今すぐお申し込みをと行動を促す。
―――――――――――――――――――――――

この流れを意識してランディングページを
作るのが一番簡単で、かつ登録率をあげやすいです。

例えば、今回の私のメルマガのように、
『Twitterでお金を稼ぐ』をテーマにするとすれば、

【例】
―――――――――――――――――――――――
■Attention:注意
Twitterを使って毎月5万円稼げる方法があります。

■Interest:興味
現在○○○名が実践中で、既に○○%の人が結果を出しています。
この方法が編み出されたのは“ある”出来事がきっかけでした。

■Desire:欲求
このやり方なら普段使っているTwitterの使い方に
たった2つの作業を加えるだけで、毎月5万円のお小遣いを得られます。

なぜなら○○や、○○などのノウハウも公開するからです。

さらにこの方法は○○によって実証済みです。
あとはやるかやらないかの問題とも言えます。

■Action:行動
このページは秘匿性の高い情報ばかりが
詰め込まれていますから、あと17名に配布したら
ページをクローズします。

今すぐ【無料】で請求して下さい。
―――――――――――――――――――――――

という具合になります。

実際はもっと長い文章が必要ですが、
こうやってパーツ毎に話を切り替えて
進めていくと簡単に構成が完成するのがわかります。

後は言葉と文章の肉付けだけですね。

思ったよりも簡単にできそうじゃありませんか?

ただランディングページは一回作ったら
終わりという簡易的なものではなく、
一回作ったページをどんどん磨いていく
必要があると考えて下さい。

1)Attention:注意
2)Interest:興味
3)Desire:欲求
4)Action:行動

これらのパーツを一つ一つ入れ替えながら、
最も反応を得られるパターンを探し出します。

ヘッドコピーを変更したり、ページのイメージを変えたり、
細かな部分を修正し続けて求める結果に近づけます。

その土台を作るものとして、

【ランディングページビルダーPRO】

http://pqqwriters.info/y/1le9ep

このツールを使うことをオススメします。

それでは次回はここで作ったランディングページを
どうやって露出していくか、そのお話に入ります。

前回は有料と無料があるとお話しました。
その詳細についてお伝えしたいと思っています。
是非楽しみにしていてください。

最後までお読みいただき、ありがとうございます!!


このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ