シミなどが気になる人

コピーライティングの基本(初級編)


 商品をアピールするときに、上手くセールスをできることに越したことはありません。いかに効率よくコンバージョン(成約率)の高いセルースを仕掛けることが必要です。

 広告を使ってセールスを使う場合にいくつかポイントがあります。それはコピーライティングを使うことです。その商品をアピールする場合に、1つの仕掛けが必要になります。

 商品を魅力を最大限にセールスすることでクリックされやすくなります。そのユーザーに対してターゲットになる文言とキーワードが入っていないと訴求されにくいのです。

 まずは、1つの事例をご紹介いたします。女性用化粧用品について

 『この商品は、夏に効く日焼け止め〇〇ボディクリームです。』(上)
  
『この商品は、夏本番にむけての日焼け止め〇〇ボディクリームです。』(下)

 これを、春の4月ごろに出稿(PPC)したとします。どちらが、ニーズがあるのでしょうか?

 2つ文章を考えながら書いていきます。上部は、’夏に効く’という限定感はあります。が非常に夏という長く抽象的な感じですね。春の4月ごろでは意味がありませんよね。

 下部は、’夏本番に向けて’の場合は、夏以前に準備するという考えが入っています。少し早いですが春の4月ごろは準備する期間にそろそろ間に合いますよね。

 どうでしょう!この違い気付きましたか?どうでしょう!季語が入っているのが確認できましたか?夏という季節という季語です。

また、『〇〇ボディクリーム』という(直接)キーワードを入れ込むことによりダイレクトにユーザーにアピールすることではっきりしてきます。何が言いたいのかはっきりしてきます。

 簡単な一つの事例ですが基本的なコピーの型です。

 


このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ