シミなどが気になる人

PPCの作業で効率化と量産でわかったこと


自分は、ひとり作業をしているので何時間あってもそれなりの量しかできません。それはだれしも心理的には同じかなと思います。ただ、量産してわかったことはいろいろなジャンルが売れてきたということです。そこはやってみないとわかりませんが経験したものだけがわかると思います。

 私の場合は副業ですので、1日2から3時間ぐらいしかできないのが実情です。そんなときは、まとめてCSV出稿したり週末だけPPCをやって作業量を増やしています。または、外注でやってもらうしかないですね。作業量の穴を埋めるには第3者に頼んじゃったほうが早いと思います。そんな中では、最初のうちは赤字続きで黒字転換するのが厳しいですがいま一度考えて実行すればうまくいくことが多いです。

import

 初心者のうちは、ここいらが大変なところかと思います。まず、5万ぶっこんで、5万すったら誰も同じ手法でやりませんもんね!だから1万、2万(約1、2週間)でがんばってトントンにすることが理想ですね。そうすれば赤字が解消されますよね。まずは、トントンで+ー0にいくまでがんばりましょう♪

そこから、黒字化を考えていかないと先が見えてこないということです。予測や仮説をたてて売れる時期タイミングを研究したりするのでインプレッションも高くなることが予測されます。そして、実際に売れたかを考えたり、売れない案件を切り捨てたりします。やはり、少なくても1か月間ぐらいは様子みたほうがいいですね。出稿数が多いと多くのデータが残ります。

 試行錯誤して予算とやりくりしながら、3000円出稿やたまには、銀振で1000円(ぐらい)から追加してやれます。失敗した同じやりかたを続けないことが大事です。損出が増えるだけです。(残ったデータを参考にしながら)まとめるとある程度軍資金をためてやるのが一般的です。間違ったことをズルズルと同じこと繰り返さないことが秘訣です。


このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2014年5月27日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:PPC 作業量

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ