シミなどが気になる人

ユーザー目線で商品化!

 

markthing

 

ユーザー目線で考えて商品化していけば在庫リスクが少なくて済むことが多いし、そのユーザーに対して必要なものになるから当然商品が売れることが予想されます。簡単な例だと咳がでるのでマスクがほしいということですね。

その方によってマスクが至急ほしい商品だったのです。これがマーケットです。風邪の咳にはマスクというマーケットができあがっています。マスクではいつでも使える多用途な機能で重宝します。そうすれば、ユザービリティがあがりますね。

そのようにユーザー目線というのは非常に大切なんです。リサーチもせず自分勝手に好きな商品(・サービス)を売る行為というのは何の意味もないということです。道で知らない人にいきなり声をかけれても話をしますか?全く話をしませんよね。完全に無視か?急いでいるとか、その場を急いで理由をつけて避けますよね。

それと、マーケットというのはそれと一緒です。最初から商品を売るためにはまず、世間に需要(ニーズ)があるか?リサーチして、今どういうものが、どういうサービスがほしいのか?聞いてみるのが前提ですよね。それから試作品(モニター)をつくってみてその悩んでいる人にあげてみることですよね。

そして、気に入ってもらってようやく商品化していく流れですが・・・。これがマーケットの作成の基本の考え方ですね。それで、需要があるようでしたら量産していけばよいということです。そうすることによって在庫過多を防ぐこともできますよね。

応用でしたらこの考え方は、商品設計にもアフィリエイトにもいかせることができるんです。つまり無駄がなく、真っ当な考え方だからです。ユーザーの目線を取り入れることでヒット商品にもつながるということです。

ターゲットが具体化してくると『誰に売るのか?』という新しいビジョンや方向性が見えてきます。マスクが至急ほしい商品というのは30代のOLや主婦層とかですね。季節は、冬から春先に必要とか、だんだん具体的にしてくると商品化がしやすくなります。


タグ

ユーザー目線で何か困っている?悩んでいる?

まず、ユーザー目線でマーケットを考えて商品設計を考える!そして、商品化していくことになると思うのですがこの時点で市場のマーケットすら知らず自分の好きな商品をつくって販売していけば当然リスクが大きくなる。
続きを読む⇒


タグ

2013年12月28日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:おもてなし

このページの先頭へ