シミなどが気になる人

サイトのコンバージョンを上げるには?

よくサイトのコンバージョンがあがらないで、サイトの訪問者が1日に10人以下の場合は、その記事のコンテンツが悪い場合が多いです。そして、その記事からはコンバージョンはあがりつ゛らいです。どうしてか悩んでしまいますね!シンプルな考え方をまとめました。

なぜなら、アクセス数×客単価×成約数=売上(報酬)という一般的に言われるカタチ(公式)になりますね。その場合は、サイトに来場者がこなければ成約率(確立)が低くなっていくことが予想されます。たとえば、1日にたくさん来場者(1000人)がいるのにも関わらず成約率1%未満の場合も何か改善の余地があるかもしれません。

読みやすくライティングをしたり記事の内容や画像を修正したり、場合によってはレイアウト、キーワード、オファーを変えていくしかないということです。ここでは、キーワードは競争の激しいキーワードを使うべきか?見慣れないキーワードしていくか?をもう一度確認していきます。

要するにコンバージョンを上げていけばいいのです。ただ、気をつけなければいけないのは商品やサービスというのは旬というものがあって初めや最終の発売時期など売りやすく、キーワードの威力も旬の期間によりだんだんパフォーマンスも下がっていきます。いつまでも同じものでは通用しないということです。

個別にサイトごとにデーターをとっていくことも同時に大切です。下記の動画で説明してあります。いわゆるA,Bテストです。ひとつのデーダー(無料)がわかるようになります。A,Bテストをしていけばどのようなコンテンツでアクセスがきているのか?ビックデーターの判断ができます。

そして、まとめながらユーザビリティーをきかせデータの分析と実践ができるようになります。ユーザーはどのようになったときにアクションを起こすのか!実践によってリスクも回避できることもある。それが理解できるということはサイトのコンバージョンを上げることにつながるであろう。


タグ

2013年12月16日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:ライティング

サイトのコンバージョンをあげる志向とデータ取り

よくサイトのコンバージョンがあがらないで、サイトの訪問者が1日に15人以下の場合は、その記事のコンテンツが悪い場合が多いです。そして、その記事からはコンバージョンはあがりつ゛らいです。

続きをよむ


タグ

2013年12月16日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:ライティング

このページの先頭へ