シミなどが気になる人

PPCゲッター そもそも求められているキーワードなのか?

ジャッジする?一生懸命!いろんなキーワードツールを使って検索しても需要のあるユーザー側から求められるキーワードでなければ意味がありません。

それが日々のチューニング作業になります。全然違うキーワードにブッコミ続けても意味がないし、費用のロスになります。いかにいまユーザーが必要な(稼げる)キーワードでなければ意味がないということです。いろんなケースで場合によってキーワードが違ってきます。毎日違うキーワードを考えたり切り替えたりしなければなりません。

入札単価が少額なものが見つかることもあります。日々訓練と削除と追加等を繰り返しながら分析をしてリサーチするしかないです。それと難しく誰もやっていないものは人気はないんです。それがヒントになります。ぜひ、このキーワードツールで結果をだしてください。

このツールを使って1か月が過ぎました。思わぬお宝案件のキーワードが見つかりました。ぜひ、おためしください。発掘してください。

 
yajirusilpy1orege


PPCゲッター <広告主にやさしいPPC広告調査ツール>

 

 

 

 


タグ

2014年3月16日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:PPCゲッター

PPCゲッターのレヴュー

ppcgetter2

 

こちらは、クリックしたときに競合のタイトルや文言(説明・広告文)やYahooプロモーション広告の「広告プレビュー」またはYahooの検索ページにてキーワードを入力していた作業が大幅に短縮して出来る点と、複合キーワードが自動的に表示してくれる点と言えます。要するに『ライバルリサーチ』や『キーワード収集』が自動でできてしまうツールです。

案件選びは、初心者の場合は、どれを選んだらいいかわかりませんよね。また、ライバルの多い激戦マーケットにいきなり参入出稿してもうまく行かないときも多く広告費が多く出費がでてきます。

よく婉曲な言い回しでパチンコと似ていると言われるんですが案件が台であって、キーワードが玉であったり、釘の位置であったり想像するとやっぱり似てません?例えば最後の玉があと残り100発しかないのに、どうすればいいかということがわかっていなければ勝目がないですよね。その100発を安全に効率的に使いたいですよね。

どうすれば、残り玉を当てるか考えませんか!そこで(その台で)止めるか勝負するか決めなければいけないということです。それを頭で考えて、実行に移すだけなんです。ライバルが多いところで勝負すれば、自然と競争が激しく当たる確率が低くなります。ライバルが少ないところで勝負すれば自然と競争が少なくなり競合狙わないブルーなものに出くわすチャンスがでてきます。

利益が出ないキーワードに、いつまでも出稿は厳しいですから損切しないといけないですよね。キーワードごとにライバルがどのキーワードで入札しているか見れるんですよ。便利ですし戦わずして、ライバルが少ない違う案件を狙えたら嬉しいですよね。広告主に見つからず、クリック入札単価も上げずにそっとリサーチできちゃうツールです。


 

 

 

 


タグ

2014年2月16日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:PPCゲッター

このページの先頭へ